通勤しやすいアルバイト探しも重要です。

アルバイトという雇用形態

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をするうえで、雇用形態というものは大切です。いちばん強固な雇用形態と言えばもちろん正社員でしょう。しかし中には、あえて正社員ではなくアルバイトという雇用形態を選択する人もいます。アルバイトというと、学生だったり定年した高齢者だったりがするものというイメージがありますが、適齢期であってもアルバイトを選ぶ人はいるのです。

そもそもアルバイトというのは、雇用形態としてはかなり薄弱なものであると言えるでしょう。もちろん正社員に比べて給料も安く、福利厚生なども充実していませんし、ボーナスが出るなどというところはほとんどありません。安定した正社員と違って、不安定で、何か粗相をおこせば解雇ということもなりやすいです。しかしその分、つまり不安定であるからこそ、自由でもあるのです。正社員というのは、いわば会社に従属しなければなりません。会社の構成員として、毎日決まりきったことをし、したがって休みを取ることも容易くありません。アルバイトをする利点というのは、雇用形態が稀薄であるというところにあるのです。会社に縛られずに仕事ができるのです。

時代の変化によって、雇用に対する認識も変わってきています。終身雇用はすでに過去のものとなりつつあります。アルバイトは、自由な雇用形態として、今の世には欠かせないものなのです。